新京成線「五香駅」西口より徒歩2分「髪のお悩み解決サロン」美容室jumeau(ジュモー)

Blog

髪の毛って何のためにあるの?

美容室jumeau 2017年10月18日 

 

こんにちは、美容室jumeau(ジュモー)毛髪診断士の石塚貴章です。

 

人の印象を決めるのに大きな役割を持つ髪の毛、いわゆる毛髪ですが、元々はなんのためにあるのでしょうか。

 

毛髪の3つの役割

 

  • ヘアスタイルなどを楽しむファッション的役割
  • 高温低音の温度差からの頭部の保護や、頭部に対する外からのショックをやわらげたりする保護作用
  • 体内に蓄積した有害金属の排泄器官としての役割

 

毛幹部と毛根部

 

毛髪は、哺乳類特有の皮膚付属機関で、表皮から生じたものです。

皮膚表面から外側に出ている毛幹部と、皮膚内に埋没している毛根部に分けられます。

 

 

毛髪の成分

 

毛髪の成分の70%はケラチンタンパクでできています。

 

  • タンパク質(85%)

・ケラチンタンパク

ケラチンタンパクはタンパク質のうち80~90%を占める。

そのため、毛髪全体で70%以上がケラチンタンパクということになります。

・非ケラチンタンパク

シスチンを含まない親水性のタンパク質です

  • 水分(11~13%)
  • メラニン色素(4.5%)
  • 脂質(1~6%)

 

 

毛髪の構造

 

毛髪は、キューティクルコルテックスメデュラの3層構造からなっています。

 

  • キューティクル(10~15%)

毛髪の一番外側にあり、タケノコの皮上に重なり合って毛髪をくるりと包んでいます。

  • コルテックス(85~90%)

キューティクルの内側にあり、フィブリルという線維の束と、フィブリル同士を接着するマトリックス(間充物質)、ならびに毛髪の色を決めるメラニン色素を含んでいます。

  • メデュラ(0~5%)

毛髪の芯にありますが、細い毛髪には存在しない場合もあり役割はまだ解明されていません。

 

 

 

頭皮と毛根の構造

 

毛根部は、皮脂腺という器官をもつ毛包に包まれており、毛根部の一番下の膨らんだ部分を毛球といいます。

このもう級は毛髪の成長に大切な毛乳頭を含んでいます。

 

秋は、夏の『ツケ』が回ってくる季節です

美容室jumeau 2017年10月13日 

 

美容室jumeau(ジュモー)石塚貴章です。

 

夏の間の疲れや紫外線の影響が髪に現れ、「抜け毛が増えた」「髪に元気がなくなった」など、髪の悩みを実感することが少なくないのではないでしょうか。

 

健康な髪をつくるには、健康な身体をつくることが大切です。

 

毎日の生活で少しだけ意識して欲しい、簡単な3つの心がけをご紹介します。

 

秋の抜け毛のこと

 

秋は抜け毛の季節とよく耳にします。

 

一般的に髪が抜けやすいのは、夏の終わりから秋。

 

その原因としては、紫外線の影響や季節の変わり目で体調を崩しやすいなど、様々な原因が考えられます。

 

また、体力の低下や疲労、ストレスが重なったりすることでも髪が抜けやすくなります。

 

運動は仮眠も好影響 毎日、無理なく続けよう

 

秋は運動に適した季節。秋の運動は、髪にも好影響を与えてくれるのです。

 

頭皮の血流が悪くなると、毛根への栄養供給が低下し、髪の形成が減退してしまいます。

 

その為、適度な運動は筋肉の緊張を和らげ、頭皮への血流が良くなり髪に良いとされています。

 

毎日続けていくことが大事ですので激しいものではなく、ウォーキングやストレッチなど無理なくできるものがよいでしょう。

 

必須アミノ酸は食事で摂る

 

髪は、主にたんぱく質で構成されています。

 

たんぱく質は、様々なアミノ酸から合成されるため、髪の形成にはアミノ酸が必要不可欠です。

 

しかし、20種類あるアミノ酸のうち、9種類の『必須アミノ酸』は体内で合成することができません。

 

食事などで摂らないと、髪を作ることができなくなってしまいます。

 

また、アミノ酸は全種類をバランスよく摂取しないと有効活用されません。

 

効果的にたんぱく質を合成させるため、偏りのない食生活を心がけましょう。

 

忙しかったり、外食が多かったりなどで十分にアミノ酸が摂れない場合は、サプリメントなどで補充するのもよいでしょう。

 

必須アミノ酸が多く含まれる食材

  • 牛乳
  • 豚肉
  • 牛肉
  • 鶏肉
  • さけ
  • かつお
  • チーズ
  • そば
  • ベーコン
  • しじみ
  • 大豆
  • キウイ
  • さつまいも
  • いか
  • えび
  • とうもろこし
  • しいたけ

 

必要であればサプリメントも

 

健康な髪を作るためには、バランスの良い食事による、栄養の摂取が必要です。

 

しかし、1日あたりの十分な摂取量を毎日の食事だけで補おうとすると、カロリーオーバーになってしまったり、偏った栄養バランスになってしまったりすることもあります。その時は無理をせず、サプリメントを使いましょう。

 

サプリメントを上手に活用して、心もカラダも、そして髪の毛も健康になりましょう。

シャンプー剤の成分と界面活性剤の分類

美容室jumeau 2017年10月11日 

シャンプー剤の構成成分

構成成分 配合目的 一般的な原料名
界面活性剤 洗浄作用
汚れを落とす
アニオン界面活性剤
両性界面活性剤
コンディショニング成分 きしみをなくす
毛髪を保護する
カチオンポリマー
カチオン界面活性剤
たんぱく質誘導体
シリコーン誘導体
天然油
エステル油
 増粘剤 剤に粘度をだす  セルロース誘導体
 合成ポリマー
無機塩類
 毛髪保護剤、湿潤剤 毛髪の保護、補修  たんぱく質誘導体
多価アルコール
多糖類
 天然油
エステル油
 香料、その他 商品の特徴づけ
安定化
香料剤
紫外線吸収剤
清涼剤
酸化防止剤 
金属封鎖剤
 防腐剤 商品の安定化
腐敗防止
パラベン
安息香酸
サリチル酸
フェノキシエタノール
イソチアゾリン 

 

シャンプー剤に使用されている代表的な界面活性剤の分類

アニオン界面活性剤

界面活性剤の分類 全成分表示の表示名 特徴 洗浄力 低刺激性
高級アルコール系  ラウリル硫酸Na 洗浄力が高く、泡立ちも良好な界面活性剤。
ラウレス硫酸Na 洗浄力が高く、泡立ちも良好が界面活性剤。
ラウリル硫酸Naよりも低刺激性。
α-オレフィン系 オレフィン(C14-16)
スルホン酸Na
洗浄力が高く、泡立ちも良好な界面活性剤。
アミノ酸
グルタミン酸系
ココイルグルタミン酸Na
ラウロイルグルタミン酸Na
アミノ酸(グルタミン酸)由来のアニオン界面活性剤で、皮膚・毛髪に対してとてもやさしい低刺激性。
洗浄力は強くなく、泡立ちもあまり良くない。
コンディショニング性が高く、高価。
アミノ酸
アラニン系
ラウロイルメチルアラニンNa
ココイルメチルアラニンNa
アミノ酸(β-アラニン)由来のアニオン界面活性剤。
適度な洗浄力と脱脂力があり、しっとりした感触に洗い上がる
アミノ酸
グリシン系
ラウロイルサルコシンNa
ココイルサルコシンNa
ココイルグリシンNa 
アミノ酸(グリシン)由来のアニオン界面活性剤。
温和な洗浄力と静菌力があり、歯磨き粉から身体洗浄剤まで幅広く使用される。 
タウリン系 ココイルメチルタウリンNa
ラウロイルメチルタウリンNa
含硫アミノ酸といわれるタウリンからつくられる界面活性剤。
AMTとも呼ばれ、皮膚や毛髪にやさしい低刺激性。 
タンパク質由来系 ココイル加水分解コラーゲンNa   コラーゲン等のタンパク質を加水分解して得られるポリペプチドを元につくられている。
皮膚・毛髪に対してとてもやさしい低刺激性の界面活性剤。
 スルホコハク酸系 スルホコハク酸ラウレス2Na  泡の持続力に優れている。
他の界面活性剤と組み合わせると気泡力が増す。
高級アルコール系よりも皮膚刺激がやや弱く、特に目に対する刺激が弱くなっている。 
せっけん系
アルカリ石鹸系
オレイン酸Na
やし油脂肪酸K
いわゆる石鹸。
生分解性が高く、洗浄力があるが、PHが高いため皮膚への刺激性がある。
また、水の中のカルシウムイオンと結合して水に溶けないスカム(石のようなもの)をつくり、髪に吸着して固くなってしまう。
 ◎ ×
せっけん系
酸性石鹸系
ラウレス酢酸Na アルカリ石鹸に類似した構造をもち、生分解性がよく、適度な洗浄力がある。
弱酸性なので刺激が緩和されている。
アミドエーテル硫酸系 PEG-3ヤシ油脂肪酸アミドMEA硫酸Na 高級アルコール系とほぼ同等の泡立ちの良さがありながら、アシルメチルタウリン系(AMT)に構造が類似しており、皮膚刺激は高級アルコール系よりも弱くなっている。
酸性でも析出しにくいという特徴がある。 

*生分解性・・・物質が微生物によって分解される性質

ブラッシングでリフトアップ

美容室jumeau 2017年10月7日 

 

こんにちは、美容室jumeau(ジュモー)毛髪診断士の石塚貴章です。

毎日の習慣にほんの少し手を加えるだけで、髪にも顔にも良いことずくめの「ブラッシング美容法」をお伝えしたいと思います。

 

ブラッシングをすることによって得られる嬉しい効果

 

  • 頭皮を清潔にし、髪の成長を促進させる
  • 抜け毛が少なくなる

 

頭皮をしっかりブラッシングをすると毛穴 から皮脂や汚れが浮き出やすくなり、血行 の良い清潔な地肌を保つことができます。

さらに、新しく生えてきた髪の毛根も強くなるため、抜け毛が減り、つややかで健康 な美髪をキープすることができます。

 

 

たるみ防止にも効果的なブラッシング

 

1.毛先をブラッシングして、髪のもつれを取る

 

髪がもつれたままブラッシングをすると、 切れ毛の原因になってしまいます。

衣類などから出た細かいゴミが髪の毛に絡 んでいることもあるので、引っ張らないよう、優しく解きほぐしましょう。

 

2.ポニーテールをするように全体をブラッシングをする

 

後頭部(つむじ)に向かってポニーテール を結ぶときのようにブラッシングします。

全体にわたり50回くらいブラッシングをすると地肌の血行が良くなり、毛艶も良くな ります。

 

 

ブラッシングをするのに最適なタイミング

 

シャンプー前:毛穴に詰まった汚れが浮き 出て洗浄効果が上がります。

就寝前:寝る前のブラッシングは就寝中の髪の乱れやもつれを防ぎます。

    翌朝髪がまとまりやすくなるのでおススメです☆

 

 

追伸

ブラシ選びに迷ったら、美容室jumeau(ジュモー)のスタッフにご相談くだい。

あなたにピッタリ合ったブラシをお選びいたします。

毛髪や頭皮の汚れを取るのがシャンプーの役目

美容室jumeau 2017年10月5日 

 

こんにちは、美容室jumeau(ジュモー)石塚貴章です。

 

僕も毎日欠かさずするシャンプーですが、その第一の目標は毛髪や頭皮の「汚れ」を取ることです。

その毛髪や頭皮の汚れは大きく分けて2種類あり、

 

  • 外因性の汚れ ・・・ ヘアスタイリング剤や埃、たばこの煙、排気ガスなど
  • 内因性の汚れ ・・・ 汗、油脂、フケなど

 

に分けられます。

 

これらの汚れは、油の性質(水になじみにくい性質)のものが多く、お湯で洗い流すだけではなかなか落とすことが出来ません。

 

そこで、シャンプーを使ってお湯だけでは落ちにくい汚れを落としていきます。

シャンプーには洗浄成分として、アニオン界面活性剤や両面界面活性剤が使われています。

 

  • アニオン界面活性剤 ・・・ 泡立ちがよく洗浄力に優れます
  • ノニオン界面活性剤 ・・・ 油と水をよくなじませてくれる

 

また、洗浄成分だけでは毛髪がパサパサになってしまうので、通常はコンディショニング成分を配合します。

このコンディショニングの成分が、洗浄中やすすぎ時に洗浄成分と結合し、水分を多量に含んだクッションのようになり、指や毛髪同士の摩擦から毛髪を保護してくれます。

 

洗浄のメカニズム

1.シャンプー剤の洗浄成分が汚れの表面に集まり、親油基を油(汚れ)にくっつける

 

2.さらに洗浄成分が集まると汚れは水中に引っ張られて毛髪や頭皮から離れる。

同時にコンディショニング成分が毛髪を保護する。

 

3.完全に汚れを包みこみ、毛髪や頭皮に再びつかないようにする。

4.

すすぐと洗浄成分とともに汚れも流れる。

一部のコンディショニング成分が毛髪に残る。

 

秋の抜け毛予防 「正しく洗って正しく乾かす」が効果的

美容室jumeau 2017年10月1日 

 

こんにちは、美容室jumeau(ジュモー)石塚貴章です。

秋の抜け毛予防対策には、まず「正しく洗って正しく乾かす」ことが大切です。

今回はそのやり方をお伝えします。

 

1.お風呂に入る前に、髪を櫛でとく

汚れやホコリを落とし、髪の絡みによる抜け毛を防ぎます。

 

2.シャンプーは手でしっかり泡立てる

泡立っていない状態のシャンプー液も、同様に刺激が強すぎます。

すすぎは、洗髪以上にしっかりして下さいね。

 

3.トリートメントは、説明をしっかり守る

トリートメントの種類によっては、使用方法が違ったりします。

効果を最大限に発揮するために、今までの我流ではなく、ちゃんとした使用法で使用しましょう。

 

4.育毛剤もマッサージしながら使う

血流アップをもっと長持ちさせてくれるのは、やはり育毛剤。

頭のてっぺんから横、後ろと、順番に使うと効率よく頭皮全体に馴染みます。

 

5.ドライヤーは遠くからあてる

近くであてると熱風が頭皮のダメージに!

最後に冷風で整えれば髪ツヤも出ます。

 

6.1日に何度もシャンプーしない

皮脂が過剰になり髪がベタつくと、気になって何度もシャンプーしがち。

しかし、皮脂の洗い落とし過ぎは、かえって皮脂の過剰分泌を招きます。

髪の脂が気になるのであれば、乾いたタオルなどでやさしく包むようにぬぐうだけでも、ある程度は取れてくれます。

 

シャンプーやトリートメント。

それにヘアケア製品に迷ったら、なんでもご相談下さい。

あなたの髪質や頭皮にピッタリ合った製品と正しい使い方をお伝えします。

TOPへ