こんにちは、美容室jumeau(ジュモー)石塚貴章です。

 

 

待ちに待った卒業式。

近年では袴が主流なので、振袖でも問題がないか不安になりますね。

卒業式で着るにはどちらがよいか、そして美しく着こなすコツについてご紹介します。

 

卒業式にふさわしい礼服は?

結論からいえば、袴と振袖どちらを選んでも問題ありません。

卒業式は、学校を卒業できたことのお祝いとお世話になった先生方や保護者の方へ感謝の気持ちを伝えるための式典です。

心から礼を尽くした服装であれば、どちらを選んでもマナー違反ではありませんので安心してください。

袴と着物、どちらも素晴らしい礼服ですので両方にメリットがあります。

卒業式は何度もあることではありま せんので、自分の好きな方を選択するのが一番です。

 

卒業式に袴を着るメリット

卒業式といえば袴、という方も多いのではないでしょうか。

学生のうちしか着られないので学生生活最後の思 い出に選ぶという方も増えています。

袴は明治時代から大正時代にかけて、学校で女性の先生が着ていたもの。

以降、昭和の頭ごろまで女学生の制 服として着用されていたため、卒業式イコール袴というイメージが定着したといわれています。

袴は、着物に袴を合わせるので上下のコーディネートが楽しめるのもよいところだといえるでしょう。

美しく袴を着る動作のポイント

袴には、両サイドに「笹ひだ」と呼ばれるひだの部分があります。

卒業式は、立ったり座ったりの動きがとても多いもの。この笹ひだから手を入れ、袴の裾の前部分を持ち上げると動きやすいので覚えておくとよいでしょう。

足元はブーツにすれば足袋を履かずに済みますので、かわいいだけでなく足さばきが楽ですね。

卒業式に振袖を着るメリット

大切な日にと、お祖母様やお母様の着物を譲り受ける方もいらっしゃると思います。

裾模様が立派な振袖の場 合は、袴で隠してしまわないよう振袖のまま着たほうがよいでしょう。

卒業式は袴を合わせる方が多数の中、振袖を着ることで華やかさがアップし、存在感もひときわ。

また、振袖のよさは帯を合わせることができる点です。お気に入りの帯をアピールしたい時には、ぜひとも振 袖をおすすめします。

振袖は、未婚女性だけが着ることができる第一礼装といわれています。卒業式でも正式な装いなので堂々と着 てくださいね!

美しく振袖を着る動作のポイント

振袖を着る際は、常に背筋をピンと伸ばしていると非常に美しい立ち姿となります。

着物はどうしても歩きにくいのが難点ですが、無理をせず小またでゆっくり歩くことがコツ。

履物を引きずっ たり、大きな音を立てて歩くことがないよう注意しましょう。

椅子に座る時には帯をつぶしてしまわないように気をつけます。式典中に背もたれに寄りかからないよう、浅 めに座るのがポイントです。

自分らしさが出せる袴と振袖で記念に残る卒業式を☆