こんにちは、美容室jumeau(ジュモー)石塚貴章です。

 

冬のこの時期、静電気が気になりますよね。

 

せっかくオシャレにセットした髪を台無しにする静電気!

 

その対処方をお伝えします。

 

 

髪の毛の静電気対策と除去方法

 

静電気の大きな原因は「乾燥」です。

 

乾燥することによって摩擦が起こりやすくなり、静電気が発生しやすくなります。

 

髪の静電気対策としては、乾燥を防止することがもっとも重要!

 

具体的な対策としては、髪の水分を保つために保湿タイプのトリートメントを使うことが有効ですよ。

 

 

髪の毛のブラッシングで静電気対策

 

髪のお手入れのためのブラッシングも、静電気を発生させる大きな要因の一つです。

 

ブラシを静電気が発生しにくいものに変え、髪にダメージを与えないようにしましょう。

 

プラスチックやポリエステル製のブラシは、帯電して静電気を発生しやすくします。

 

なるべく木や獣毛(動物の毛)のブラシや櫛を使って、髪に静電気を与えないように注意することが重要です。

 

なかでも獣毛のヘアブラシがおすすめ!

 

豚毛や猪毛のものが広く知られており、プラスチック製より静電気が発生しにくく、なにより髪をサラサラ、ツヤツヤにしてくれるという効果があるのです。

 

これは動物の毛が油分を含むため、髪全体に適度な油分がいきわたるからです。

 

とかすたびに髪に油分が与えられ、結果として静電気を防止してくれますよ。

 

また、ブラッシングの方法によっても、髪への負担が変わってきます。

 

あなたの髪・頭皮を知り尽くしている私が、正しいブラッシング方法をお伝えします。

 

 

ヘアケアによる静電気の防止対策

 

洗い流さないタイプのトリートメントを使う

 

髪の表面を保護するとともに保湿効果もあるので、静電気防止にはかなり効果的です。

 

 

ハンドクリームを使う

 

ごく少量のハンドクリームを薄く髪に伸ばし付けると、驚くほど静電気を抑えることができます。

 

外出先で静電気に困った時など、緊急対策として覚えておくと良い方法ですよね。

 

椿油を使う

 

椿油は昔ながらの髪をケアする方法です。

 

椿油の成分の85%は酸化しにくいオレイン酸。毛髪の表面をオレイン酸で包み、内部の水分を保つことで乾燥を防いでくれます。

 

頭皮には付かないように注意して下さい。

 

 

まとめ

 

冬の髪の静電気対策としては

 

  • 部屋を加湿して洗い流さないタイプのトリートメントで潤いを保ち、獣毛ブラシで毛先からとかす。
  • 出先で髪の毛に静電気が起きたらハンドクリームで抑える。

 

という対策をお試し下さいね♪